交通事故はいつ自分の身に降りかかるか分かりません。命が助かったならまだいいのですが、怪我のせいで入院しなければならなかったり、後遺症によって仕事に支障が出る恐れもあります。そうしたトラブルに対応するには、交通事故を専門に扱う弁護士に依頼するのが一番です。加害者側の保険会社に任せると、本当に最低限の治療費や感謝料しか受け取れないので、可能な限り請求して、治療と生活の足しにしましょう。

弁護士に慰謝料の請求を依頼するのは、なるべく早くにするのが鉄則です。事故を起こしてすぐ、保険会社は示談を請求するため、示談を受け入れてしまうと、弁護士を介しても相手に有利な状況を変えられません。そのため弁護士への相談は出来る限り早く行い、示談を跳ね除けつつ、限界まで治療費や慰謝料を請求してもらいましょう。

なるべく早く弁護士には相談するべきですが、下調べの時間も出来るだけ用意しておきましょう。弁護士にも向き不向きがあり、交通事故の補償に強い弁護士に相談したほうが、良い結果を得られるでしょう。弁護士を選ぶポイントとしては、過去の実績や、相談したときの対応あたりに注目してください。実績はもちろんですが、信頼できると思える対応をしてくれることが、弁護を依頼する上で一番重要です。

スピードと下調べ